子ども部屋の構想 ふつふつと。
b0250067_11171891.png


我が家ではあまり使い道の見つからないQUOカード・・
整理していたらばしまい込んであったものを沢山発見!
その存在をまた忘れてしまわないよう、本を数冊購入した。
うれしい棚ぼた(?)


新刊でもないのだけれど・・・以前から手元に置いておきたかった
 「フィンランドの子ども部屋」と「ストックホルムの子ども部屋」
ぱらぱらとページをめくって眺めるだけでもたのしいくて♪かわいい♫


我が家の子供部屋(=和室)
園生活に合わせてコツコツと少しずつ模様替えしてはいるのだけれど・・
う-------------ん。いまいち機能性と見た目の両方に納得ゆかず(;-_-)
既に園生活はスタートしてはいるものの、未だ模索中な我が家の子供部屋。ふぅ...


この本を眺めては・・
インスピレーションが降りてくるのを待ってるんだけどな・・ ,笑
ちょっとしたアイデアをちまちまとストック中。


おもちゃやカラフルなお部屋が多いせいか
この本を読んでいると必ず隣りにやってきて
ちょこんと座り自分も真剣な眼差しで読んでいる(?)Kohariさん。


ちょっと自分と同じものをみつけると
 「あ~!見つけた~♪ これ一緒~♫」(なぜか標準語なかわいい声で・・)
とか・・生意気にも
 「〇〇〇はこんなお部屋がいい♫*」「こんな色がいい~ね♫」 等..
嬉しそうに教えてくるのだ。同じ趣味に興味を示してくれるのは嬉しいのだけれど
いちいちの報告は私の頁が進まないので、ほどほどにして頂きたいものだ;


だけど
日々何気なく目にしているファブリックの柄を覚えていたりとか・・
子どもの視覚的記憶ってほんと凄いな!感心しちゃう。


北欧の人たちのセンスとバランス感覚が良いのは、、、
きっと小さい頃から見て触れてきた 「良いもの」「素晴らしいもの」「素敵なもの」が
無意識のうちに沢山ストックされ続けているからなのかも知れない・・ね。





* * *




昨日は久しぶりの予防接種。
おたふくと日本脳炎・・だったかな。


冬のインフル予防のとき以来だから、きっと大泣きするか
診察室から脱走しちゃうか、もしくは大暴れ・・の3パターンを想定して臨んだ
・・・・・のだけれど。それがね
泣かなかったの。落ち着いた表情で座り先生のお話を聞いて
ひとしずく足りともこぼれなかった涙。しかも2本とも・・・。
携わった一同もビックリ!!


逆に我が子のその姿が愛おしくて・・私のほうが涙出そうになった。
グッとガマンするKohariのあの表情が忘れらない。
ぎゅーっと抱きしめた後で何で泣かなかったのか?尋ねてみると・・・
 『だってお姉ちゃんになったから。もう泣かないの!』
だそう。頼もしい。


3歳になり幼稚園へ通うようになって、またぐんと顔つきが変わってきたな・・
とは何となく思ってはいたのだけれど
内面的な何かがグンっと成長したからだったのかも。


それはきっと「自信」とか「プライド」みたいなものなのかな・・。
自分の中の不安な気持ちともちゃんと向き合い感情をコントロールしている。
たった2週間ばかしの園生活なのに「社会に出る」ってほんと凄い!
人の内面が育つには必要不可欠のプロセスなんだね。


私の内面はこの2週間でどこか成長したのだろうか・・・。
Kohariに負けてはいらんないなo


週末はやたらとpapaにくっつき虫な娘。
おままごと→公園あそび→いったん帰宅しおやつ→
そしてまたさっきお買いものへと出てゆきました。
papaは心休まらないだろうけど・・
こうやって娘に慕われるのは嬉しくて目じりが下がる思いだね♡




ブログランキング・にほんブログ村へ











[PR]
by kukkaperhe | 2014-04-20 12:54
<< 使わなくなった玩具でガーデニン... 私の理想はムーミンママ? >>


フィンランド語で     kukka=花 perhe=家族.家族3人 等身大な日々のものがたり。
by kukkaperhe
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31