<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
リビングのキッズスペースを模様替え。
b0250067_1642313.png


リビングのミニキッチンの向きをこんなふうに変えてみた。
カウンターキッチンのような・・カフェのような・・ 少しの変化が新鮮。


エプロン姿に三角巾で
向こう側からちらりと顔を出して私(お客)と会話するのがもっぱら楽しいようだ。
カフェっていうか・・・・・もはや大衆食堂だわね。
「最近どお?」みたいな・・ね ,笑


kikikoko*さんのガーランドもこのスペースに。(kikiちゃんこんなふうだよ♫)
一枚一枚珈琲で染めたブナの木の板を
繊細なオーナメントのカタチへと曲げて作りあげてゆき
それを繋げてガーランドに。
手しごとの温もり伝わるkikiちゃんらしい
ほんとにほんとに素敵なガーランド・・うっとり。(あ!今度ガーランドだけを撮りますね;)


リビングに子供スペースが共存するのも期間限定
ちいさい頃の今だけなのだ。
まだまだ赤ちゃんだった頃からしてもそのカタチは随分と変化してきているワケで。
・・そう思うと今の我が家のリビングも、このカタチの今をめいっぱい楽しもう♪
いつからかそんなふうに目線が変わってった気がする。


ベースは親も子も楽しく寛げる。 
いつの日もそんな空間・・が理想。


三谷さんの子供椅子にとりあえずテーブルとして合わせて使っているstool60も
娘の成長や遊び方とともにそろそろ少し手狭になってきたな。
じぃじばぁばからもリクエストされていて・・
長い間あれこれ探しまわり やっとこ理想のテーブルに出逢えそうかな・・。



* * *



今日は朝からプレで仲良しのおともだち*と一緒に公園で遊びました。
Kohariは昨日の夜からわくわくそわそわ♫*


プレが終了してしまってからというもの・・・
毎日のように「ママ~♪ 今日は幼稚園?」と聞いてくるほどに
プレ幼稚園が生活のリズムとなって体に馴染んでいたのかな。


何週かぶりの再会にお互いにっこにこ。
昨日の雨を引きずってか・・曇り空に公園の地面はぬかるみ泥どろ


でもふたりにはそんなの関係ないようで・・・
きゃっきゃと走りまわったり(泥にハマりこけた)
すべり台で追いかけっこしたり、あ~だこ~だと会話して
時に喧嘩っぽくもなりながら・・励ましあったり、爆笑したり♪
嬉しい。楽しい。 ・・を体全部で表現しているかのようだった。


今日はどちらの田んぼで田植え作業を?!?! 
って訪ねたくなるくらいなどろんこになって遊ぶ。


沢山遊んで、でもまだ遊び足りない様子の子供たち・・
一度お家へ戻りお着替えを済ませて再び集合!
お昼も一緒に。
いつものファミレス、いつものメニューもお友達と一緒だと楽しいね ♪


3歳児ともなると会話や言いまわしを聞いているだけでも飽きません。
お互い最近覚えた便利な言葉(大人をカチンとさせる生意気な言葉とも言う)
をぴったりなタイミングで出すは出すは・・・,笑


ちなみに最近のKohariの使いたい言葉は「最低最悪ぅ~(-_-)」・・である。(;困;)
今日の会話の中では「乞うご期待~♪」とも言っていた。ぷぷぷ
何なんだろ?覚えた言葉は頭の中に沢山ストックしておいて
使うタイミングがきたらば、今だ!とばかりにわざわざ組み込んでくるよね。
おもしろい。




[PR]
by kukkaperhe | 2014-03-27 18:14
窓辺のflora.
b0250067_12332966.png


朝からのずぅ----------っと雨,雨,雨
今日は1日こんなかんじなのかな・・。


お天気ばかりは仕方がないので、ちょっとしたお部屋の模様替えを楽しんだり
パンケーキを焼いてベリーとヨーグルトとジャムをたっぷりとかけ
お花のお皿に盛り付けて、ふたりで食べた。気分だけでも上を向いてo


入園式までカウントダウン。
ここ数年フォーマルスーツなんて着なれてないもんだから違う意味でドキドキだったり。
お気に入りのスターシンビジウムのコサージュを見つけました。
シンビジウム=ギリシャ語で船の意味 なのだそう。そこにスターまで付いちゃって・・
何だか門出の日にふさわしいではないか^^ 


雨空を眺めていても心は晴れないので
たくさん撮ったflora*の写真でもアップしてみようかと思い選んでみました↑↑↑


なんとも美しくかわいらしい模様なんでしょう。どこから見ても。
Oiva Toikkaさんってどんな人なんだろう・・・サンタクロースが似合いそな風貌だけど♡


こんなにも素晴らしくかわいらしい発想を持つ男性。
なんだろ?きゅんとします。
頭の中、心の中はどんなだろう?
きっと人柄もあったかくて素敵な人なのだろうなぁ。


こんな人が恋人なら毎日毎日がかわいい心で穏やかに過ごせるんだろうなぁ・・
っておもいます。




b0250067_12334524.png

やわらかい影までもかわいい。


悩んで悩んで・・我が家にはまだないすこし大き目のボウルを選んだ。
今度のばぁば便で家族全員大好きイチゴが届いたらば
この器にどーんとたーっぷり盛り付けてテーブルに出してみよう♪
それまではリビングの窓辺のここできらきらしてもらっておこう!







b0250067_1234114.png

せっかくなのでガラスを集合させて
春の暖かい光を集めるコーナーにしてみた。
鹿さんたち、草たべてます ,笑


やっぱりタンブラーも一緒に並べて飾ってみたいよなぁ。。。ブツヨク フツフツ
ちいさいボウルもやっぱりピッチャーも。 フツフツフツ...


私が初めて手にしたオイヴァ・トイッカの作品は
もう何年前になるかな?ビンテージのカステヘルミのきみどりいろボウル。
きみどりいろしたきらきらの雫がこれまたなんとも美しく
今でも眺め出すと止まらなくなっちゃうくらい魅了され続けてる。


そう言えばお店の店主さんも Oiva Toikkaさんの大大大ファンで
逢いたい♡ 逢いたい♡ と熱い思いのラブコールをおくっていたな・・私に(笑;









b0250067_12341929.png

こんどはカメラを替えて。またパチリ。
眩しいくらいに魅惑的な美しさ ♡
何枚でも撮りたくなっちゃいますよね。


つるんとぷっくりしたお花の模様たち。







b0250067_1234342.png

ため息でるほど・・ほんとにほんとに素敵だな。
マウスブロウのガラスづくりって何度か間近で見たことあるのだけれど・・
カタチにするだけでも大変な作業なのに
この繊細な模様たちをどうやって作り出しているんだろ?
ヌータヤルヴィの職人さんの隣に1日ぴったりとくっついてじーっと眺めていたいよ。
うっとおしいだろな(笑





[PR]
by kukkaperhe | 2014-03-26 14:04
素敵な贈りもの。 ありがとう*
b0250067_22355189.png


3歳のお誕生日を迎える数日前のこと. . .
私にとってまさに夢のような素敵な宝箱が届きました。


木工作家 kikikoko*のkikiちゃんからです。
いやいや、もうkikiさんって呼ばなくちゃならないくらいの人気作家さん。


心ときめく素敵な演出に はためく心のどきどきが止まらない。
もうここからkikiちゃんワールドへの扉は開かれてるんだよね。


Kohariも思わず手を伸ばし
 「ママ~♪ この世界に行ってみたいね♫」と・・
うんうん。そうだね そうだよね。いいこと言うね◎
ほんと今にも物語がはじまりそうな。


やわらかな空気感をまとったぬくもり溢れるkikikoko*作品
その手しごとに魅了され続けてもう何年になるだろう・・・。大ファンなのです。
そして何年たっても色褪せることないこの思い。
我が家の日常にいつもそっと寄り添い見守ってくれてるような・・そんな作品たちなのだ。


今回、私のひと目惚れからお願いしていたもの。
そのほかにも素敵な作品たちとkikiちゃんのあったかい思いがザクザクと詰まってた。
ちょっと驚くくらいの沢山。 おまけ*のが多いよ^^;
申し訳ない気持ちでいっぱいだけど、やっぱりファンとしては正直嬉しいもの。
忙しいのに本当にありがとう*


心奪われているすきにサッと持ち逃げ うきゃきゃと逃亡するKohari・・
こんなときだけはほんと素早いのだ; もぅ・・・コラ!





b0250067_2236128.png

ta・ma・te-Box
一瞬で白髪頭に白いお髭のお爺ちゃんになってしまっても構わないから・・
きっと思わず誰もが開けたくなるよね。 ありがとう*




* * *




ここ数日 驚くほどに、戸惑ってしまうほどに暖かい。
ついこの間まで 雪がちらついたりしてた・・なんて思えないくらい。
その息吹きは少しずつ少しずつ顔を出し存在をアピールするものの
「春」のここちはいつも唐突にやって来るんだよね。いつも。


Kohariとふたりで新しくできた公園へ。
わくわくな仕掛けたっぷりのカラフルなすべり台
戸惑いながらも楽しそうに登っていったKohariさん。


ほぼ直角にそびえ立つ階段!
もはや階段とは呼べない、ボルダリング(?)ロッククライミングのよな足場があるだけのしろもの。
きっともっともっとお兄ちゃんお姉ちゃん用なのだとおもう・・・


mamaもこりゃまだ無理だろうと一瞬ひるむ。・・・も
少しアシストしてあげるとコツを覚えたのかするすると登ってゆき
嬉しそうにてっぺんで飛び跳ね手を振るKohari・・・
きっとおでこに「自信!」の2文字がくっきりと浮き出ていたよね ,笑


何度も何度も登ってはスライダーをしゅるしゅるきゃ―キャ――♫うれしそう。
休憩するのも忘れるくらい。
登るKohariをひやひやしながら見守っていると小さな小さな声で
 「その調子。その調子。」
と自分で自分を励ましながら登ってた。むふふ


我が子の頑張る姿は逞しくそして愛おしいものだ。


ちなみに
次に今Kohariがやってみたいこと、チャレンジしてみたいこと・・・は?
 「ホンモノの包丁を使ってお料理する!」なのだそうです。
ちょっと心配なのだけれども、好奇心の芽を摘んではいけないのかもね。
そして今いちばん欲しいものは「冷蔵庫!」なのだそう。うふふ


帰り道、、、
バニラのアイスクリームを買ってふたりしてお外で食べたり
シャボン玉したり。〇∴*
暖かくなるとそんなささやかなことまで嬉しく楽しいね♪









[PR]
by kukkaperhe | 2014-03-19 16:29
登園グッズをつくる。 といろいろ...
b0250067_11333944.png


日々のばたばたの中(←たぶんばたこさん以上に,笑)
登園グッズづくりもやっとこ重いおもい腰があがり
できあがってきました。


一人暮らしの頃に使っていたものが壊れ、ミシンまで新調して挑んだのだ,笑
たぶん10年とかぶりのミシン。
ほっほーう 近ごろのミシンは随分と進化しているのね。とか変なところで感動しつつも
カタカタダダダ-------------。
すいすいと縫いあがるミシンはやっぱり楽しい♫


絵本バッグと上靴入れ。
園の制服に合わせて、、、
ブラックウォッチとブラウンに緑の水玉模様を選んでみた。
カタチは少々イビツではあるけども・・
ほぼイメージ通りをカタチにできた。←自己満足;


3歳の女の子にはちと地味(?)とか思いながらも
恐る恐るKohariに見せてみると...それはもうもう大喜びでバッグ両手に
「いいじゃんいいじゃん これいいじゃん♪♫*」
と小躍りで自作の歌を歌ってくれた。 ・・・ホッ♡


ものづくりは好きは好きなのだけれど
テキストや説明を見て作る・・・ってのがどうも苦手で
最後まで失敗せず指定のカタチに仕上がったことに自分でもびっくり!


緊張してたのか?変な肩凝りになってた。ぷぷぷ
途中、なぜだか中学の家庭科の授業を思い出した。(怖かったのぉ----ほんと。)
たぶん同じ緊張感もってたんだろうね。ひとりで・・・,笑


防災ずきんにもなる座布団・・ってのも作りました。
こちらは毎日座るものなので日々の幼稚園が楽しくなるようにと、Kohariのリクエストに応えて
うきうきするようなほんのりかわいいソレイアードのピンクの花柄を採用。
キルト芯とか・・・生まれて初めて使ったよ。


作ってみて思ったんだけど
これって他にもまだまだいろいろ作るはず。・・だよね。
手縫いでちくちく・・・なんてやってたらば
ゴールの見えない作業に泣きそうになるかも・・・。


ただでさえ、制服のサイズを直したり、体操服のゼッケンつけたり・・と
たっぷりと手縫い作業あるのにさ。
買ってくれたpapaと最新のミシンに感謝*


あ!そだ。
給食用のランチクロスとランチセット入れも作らねば!だった。
給食は1ヶ月先からだと聞いて、完全にのんびり構えちゃってます;


今週は春の陽気がぽかぽかとあったかい日があったかと思えば
今日はまた さむっ!!


先日少し遠くの公園まで遊びに行ってきました。
満開に咲く梅の花の木の下で楽しそうにお弁当を開いて食べている人たちわらわら♪
Kohariはもっちもちでおいしいチーズベーグル
私は生ハムとカマンベールのベーグルサンド(一緒に挟み込まれた大葉が効いてた)
・・・をそれぞれにもりもりと頬張る。


暖かいと公園遊びも楽しいね。
砂場ではじめまして。なmamaたちとあれこれおしゃべりするのも楽しい♪
来月入園の同い年の女の子もいて何だか嬉しかったな。
Kohariは自分も会話の仲間に入れろ!とばかりに
「しゃべったらダメ~!しゃべったらダメ~!」と阻止してきてた。
タイミングを見計らって会話に加わる練習だよ,笑


今まであまり好きではなかった、どちらかと言えば苦手;だったブランコも
おともだちにつられて楽しそうに乗っていた。いつの間に乗れるようになったの(?)


そうそう。Kohariがあまりにも鉄棒にぶら~んとつかまるのが好きなので
ならば私も・・・。と数年ぶりの逆上がりを!
、、、が出来なかった(@Д@;) え---------!!まじで-------!!!!!
苦笑いしながらも結構凹んだのだ。
本気で筋トレしなきゃだわ(´-ω-;)はぁ...




b0250067_1134886.png

そう言えば今日はホワイトデー♡
あっくんに貰ったチョコo 今日はピンクのブタさんを選んでた。
かわいー♡かわいー♡と眺めては今日もまた鼻からガブリ!


お散歩中、カルディで見つけたアイスボックスクッキーみたいなミックス模様がかわいい
ストロベリーマシュマロ∴* これもまた美味しいのだ◎
ベルギー産って書いてあったけど、ベルギーってチョコやワッフルだけぢゃないのね。





* * *



ここからはちょっとまじめな話です。


今の私に出来ること。


心に大きく深い傷を負った人たちの心を癒せるような
気の利いた言葉も行動もできないけれど、私なりに考え
我が家にも防災避難セットを準備しました。(まだまだ見直しも必要!)
ちいさな子供をもつ母親として今まで準備できていなかったことを深く反省。


寝室にスニーカーを置く。お水のストック。
ベッド周りには落ちたり倒れたりするものは飾らない。
ぐらいしか今までできていなかった。


もしもの時。そのもしもは永遠に来なければよいのですが・・
その時に備えて。我が子と私たちの命を守るため!
そしてその荷物を背負ってKohariを抱きかかえ避難の練習をした。
とっさの正しい判断、冷静な行動ができるだろうか?


私の育った実家は海の近くの港町。
その漁港の形状から大津波の影響を受けやすく
文献に残っているだけでも、50~100年に1度の頻度で大きな津波が
町の景色と人々の和やかな生活を奪っている。


最後の津波被害があったのは約70年近く前のこと。
もう次にいつ起こってもおかしくありません。
そんな町なのです。普段はほんわかのんびり。


津波対策の防波堤などもたくさん建てられたりしていますが
小さい頃から毎年、町をあげての避難訓練もありました。
街中にサイレンの音が大きく響き渡り、各自避難すべき高台へと逃げる。


ちいさな子供から年配のお年寄りまで
ひとりひとりが避難場所を確実に理解していたと思います。


地域の子供会では毎年、津波の体験者である
おじいちゃん、おばあちゃんたちの話を聴く会がありました。


語ってくれるおばあちゃんはぎゅっと目を閉じ時折り声を震わせながら
当時の状況を鮮明に語ってくれました。もう何十年も前の出来事なのに。


忘れてはいけない。とよく耳にするセリフですが
被災者の気持ちからすると「忘れたくても一生忘れられない。」きっとそうです。
負ってしまった心の深い傷が消えてしまうことは一生ないのだと。


当時小学生だった私は
 「何でわざわざ怖がらせ不安になるような話を聴かなければならないんだろう?」
と疑問に思いながらも、涙をこぼし辛そうに話す姿に
何とも言いようのない思いで心がきゅうっと締め付けられるような
そんな思いで聴いていました。


でも、大人になり一人の母親となった今思えば
あの時のお年寄りたちの体験談は
二度と思い出したくも口に出したくもない痛む心の深い傷を
文字通り 身を削って私たち子供に伝えたかったのだと理解しています。


 「危機感を持ちなさいよ!」
 「自分の命は自分で守るんだよ!」
 「自分たちのような辛い思いをして欲しくない!」

そういう強い思いから話してくれていたのだと思います。
こういう時はこうしなければならない。を沢山教えて貰いました。


いつしか都会の雑踏の中で平穏な暮らしに慣れ
薄れかけてしまっていた危機感。
隣りで眠る娘のしあわせそうな寝顔を眺め
この子の命は私が守る!
改めてそう決意した11日の夜でした。









[PR]
by kukkaperhe | 2014-03-14 14:16
ムーミン谷の大行列とよくがんばりましたの話。
b0250067_1332830.png


ムーミンの仲間たち ずらり大行列...。
「おやつの前にみんなでおトイレに行っときましょうね~♪ハイ、みんな行くよ~♫」
と並べていました。
いちばん先頭でくるりと後ろ向きなのがどうやら先生のようです ,笑


そんな日々の中、プレ幼稚園の全日程修了。
嬉しいような。ほっとしたような。
でもやっぱりなんだかちょっぴり淋しい・・・ような。


いつしか参観日も最初の頃に比べると、こちらも安心して楽しめるようになっていた♪
じっと座って先生のお話を聞いて行動したり
覚えたお遊戯やお歌を披露してくれたり、お絵かきや工作
順番に並んで三角座りしてる姿にさえもきゅんとする♡


控え目ながらも自分の意思をちゃんと発言できてたりして・・
そうゆうのに少し頼もしさを感じるし
入園後のKohariの自信、mamaの自信にもなる。


通い始めた去年の春は2歳になり間もない頃で
まだまだ半分赤ちゃんのような顔つきして
自分ひとりでできない事の方が多く、オムツだったし
お友達のことはまるで見えていないかのようだった。


初めての日「緊張した~♫」とにこにこしてたあの笑顔を思い出すよ。
行くのが嫌だ!とは1度も泣かなかったのにはほんと意外だった。
週1回の1年なんてあっと言う間だったね...


周りのお友達や先生から沢山の刺激をもらって
気付けば少しずつ「自分で!」の言葉が増えてゆき
お片付けだったり、お着替えだったり、靴を履くことだったり
お手伝いだったり、おトイレだったり. . .と
出来なかったことがひとつそしてまたひとつと出来るようになり
自信の現われなのか何だか顔つきまでしっかりしてきた。


〇〇〇ちゃんと〇〇〇くんがブロッコリー食べてたから
自分も食べる!と言って今まであんなに苦手だったブロッコリーを
ガブリと食べた時はほんと驚いた!
みんながおパンツで来てたから自分も履いていくんだ!と言い出したり・・
子供同士の世界ってすごいなぁ・・と実感した日。


お友達同士での会話も増え
耳をよくよく澄ましてみても、大人にはまったくもって理解できない会話なのだけれど
ちゃぁんと成立してて 同じところできゃっきゃと笑ったり
聞かれたことに答えたり、反対してみたりしてコミュニケーションをとっている。
そこに初めてのちいさなちいさな社会を垣間見て微笑ましくおもう。


今ではお家でもお友達の名前が出てこない日はないくらい
みんなに逢える日を楽しみにしていたKohari
みんなと同じクラスになれるといいね ♡


先生たちのことも大好きで・・
風邪でお休みした先生のことを随分と心配そうに話していたり
先生のセリフをまねっこしては
私たちに言いたがったり。ほんと憧れの存在だったよね。


来月にはひとつ年下の子たちがプレへと通ってくるんだものねぇ
そしてKohariはひとつ階段を上り 幼稚園へと入園するのだよねぇ...
そうやって時は流れてゆくんだよねぇ。
こういう何かの節目の時がやって来るたびに時の流れを実感する。


年少さん。
何だかまだまだその響きも聞き慣れず、我が子のこととはピンとこない。
あのKohariが年少さん?!? ってちょっと顔がニヤけてしまう。


プレに1年通って思うことは、、、
子供って親が思ってる以上に順応性があるってこと。
子供たちだけの分かりえる世界があるってこと。


まだまだ成長の途上でひとりでできないことも多く
心配なこと不安に思うことも沢山あるけれど
その順応性を信じて影ながら応援してゆこうと思ったりするのだ。




* * *



プレの終わりの時間が近づいてくると
何やらそわそわとニヤついていたKohariさん。
「あっくんのところに行ってきてもいい?」と
あっくんのそばに駆け寄ってにこにこ。


くねくねとカラダをくねらせ照れながらも
「一緒に~♫ 一緒に~♪」とまたあの一緒に帰ろコールして
帰る約束してた。
あまりにも何度も何度もKohariが言うもんだから
最後にはあっくん
「分かったよ。って言ってるんだけどぉ・・・」と苦笑い(=v=;)


そしてどっきりサプライズ !
少し早めのwhite-day♡ もらっちゃったのだ。にひひ
ありがとう*とハニカミながらも「あっくん大好き♡」って言えて
嬉しいね♪ よかったねo


また近いうちに遊ぼうね。の約束をして
名残惜しそうにばいばいして帰ってすぐに
包みを開けてキャ-----ッ♡と女子な顔してテンション上がるKohari
カラフルで何ともかわいらしい動物の顔したチョコたちがこちらを覗いていたよ。


「かわい~!かわい~!」と叫びながら喜んでいるKohari
どうするのかと思いきや
ガブリ!
何のためらいもなく黄色いヒヨコをかじってたって言うね(;´‐エ‐`)
   




b0250067_1334867.png

そして
行列の最後尾モランの後ろに自分も並んでみる。
デカっ!! (@Д@!li





[PR]
by kukkaperhe | 2014-03-10 14:58
大切な日。 ~おめでとう~
b0250067_16434669.png


先週のどようび*
娘のKohariがめでたく3歳のお誕生日を迎えました。
おめでとう。


きいろとピンクのチューリップは
Kohariがお花屋さんで選んできてくれたもの。


「チューリップくださ~い♪」
「何色のチューリップがいいかな?」
「クロ~ ♫*」 (※クロ好きで、どんないろが好き♪の歌も必ず「クロ--!!」と歌うのです;)
「クロか~。クロのチューリップは置いてないなぁ;」
「んぢゃ、きいろとピンク」


そんなやり取りがあって...
色とりどりたくさんの種類のお花が並ぶ中から
迷わずこのお花を選んだのだそうです。
お花の種類も色もKohariにおまかせ。だったのだけれども・・
3歳のお誕生日のテーブルにふさわしいぴったりな花束を抱えて
嬉しそうに帰ってきました。


3歳ともなればもう 
この日がmamaのお腹の中から生まれてきたこと、特別な日であること
を理解しているようで
Kohariはこの日が来るのを指折り待ちわびていたのだ。
パーティーとプレゼントを待ちわびていた・・とも言うけどね;


3歳=お姉ちゃん になったのはやっぱりうれしいようで当日は
出逢うひと出逢うひとに「今日で3歳になったの♫*」
と半ば強制的に「おめでとう。」の言葉をたくさんもらってた。



b0250067_1733237.png

鋭い目つきのツバメの親子がバースデイケーキを狙う!
この陶器のオブジェ、壁に掛けても飾れるよ。
もう何年も随分と前にフュン.さんのイベントで見つけ
心奪われ迷いに迷って・・結局買わなかったツバメさん。


それからも後悔に後悔を重ね
やっぱりお迎えしたく、探しに探すも出逢うことなく・・
とあるwebショップさんで偶然見つけるもお値段に怯み;


そんなこんなしていたらば、偶然にもお誕生日前
人気のfukuyaさんで売り切れることなく・・しかも親子セットで!
しかもかなりかな------り良心的なお値段で!
おお!! 出逢うべきして出逢ってしまった。のだ。


ようこそ∴*


卵 解禁は3歳のおたんじょうび*には間に合わず・・
今年も私のつたない手づくりケーキで;
でもさ、、、愛情だけはどんなに有名なパティシエさんにも負けないケーキなのだよ♡


今年は祖母の体調のこともあって
お誕生日会には来れないかも(?)と言っていた
じぃじばぁばも遠くから急遽日帰りで駆けつけてくれ
一緒にお祝いしてくれました。ほんといつもありがとう*


そんなじぃじばぁばからのお土産のイチゴ・・


生クリームといっしょに間にもた----っぷりと挟み込んで
とうふ入りのホットケーキを重ねて・・生チョコガナッシュでコーティング。
お店の美味しいケーキを食べさせてあげられない分
チョコレイトだけは太っ腹に^^;
トッピングはKohariとふたりして楽しみながら作ったのだ。


みんなから
「このケーキ食べようかなぁ?」と冷やかされ
本気で「ダメ!!!!」と怒るKohariのそのリアクションが面白くて
私とじぃじとpapaで何度も何度も・・・。ぐふふっ


そうして言葉どおり...
全部ひとりでたいらげた ,笑




b0250067_17363237.png

3月なのにまだまだ寒い(-_-)ミ
テーブルコーデはお花柄の食器たちと春を呼ぶグリーンをたくさん使って。


papaシェフはいつものように腕を振るってくれました。
今回はこの料理メインでこれとこれとこれとこれと......そんなかんじのイメージで!
と毎回作る前に私に言ってくる。私は助手かっ!
そしてイメージ通りのカタチにしてゆくのが助手の役目なのだ ,笑


こうやってテーブル全体を引きで見るとやっぱり
この日のテーブルにはKohariの選んできてくれたお花がぴったりだ♡


b0250067_175189.png

b0250067_17514283.png
つらつらと前置きが長くなっちゃったけど(思い出のキロクとして・・)
この日の主役の登場です。

mamaは知っていた。
ビビディバビディブティックで変身する小さなかわいいプリンセスたちの姿を
You tubeでいつも羨ましそうにうっとりと眺めていたことを。

この日の為に用意しておいた淡い桜色のふんわりドレスと
森の音楽ピクニックで作った花かんむり。
鏡に映る自分の姿を見てにんまり顔なKohariさん


b0250067_17522046.png

プリンセスポーズでご挨拶を何度も披露してくれ大人たちわーきゃーと撮影会♡
じぃじとばぁばがメロメロパンチを喰らったことは言うまでもありません。
チューリップとリトルプリンセス おやゆび姫∴*におもえたよ。←親バカ;

b0250067_18113934.png

はっぴーばーすでーマン ♪♫
Kohariはなぜかこのメガネがお気に入り ♡


この日のメインはKohariのリクエストにお応えして
手羽元の唐揚げてんこ盛り ,笑
ドレス着てガブリっと頬張る そのギャップがかわいかったな。
みんなで沢山笑って楽しい3歳のbirthdayだったね。


これからも元気にすくすくと成長してね。
あなたを授かったあの日から今日までずっと・・
こんなにも尽きること枯れることのない愛情があることを
教え続けてくれてる小さなあなた。
ほんとにほんとにありがとう*


おかあさんになって3年
入園目前になり焦りもあってか
毎日、何をするにも「早く!早く!」が口癖のようになってしまっていたこの頃の私。
ちょっぴり反省ごめんね。


私がもっとテキパキと要領よく日々の生活をこなしていれば
自然とKohariもペースアップできるのにね。
自分の器、のんびり加減、要領の悪さは棚に上げてしまっていたね。
もっとどっしりと温かく見守ってあげられる
そんなサポートのできる母に成長してゆきたいな。


b0250067_18361850.png

誕生日の翌日を切り取ったヒトコマ。
窓からさす光の方へとぐんぐん伸びゆき花開く姿に
我が子の成長を重ねておもう。
おめでとう*






[PR]
by kukkaperhe | 2014-03-07 18:41


フィンランド語で     kukka=花 perhe=家族.家族3人 等身大な日々のものがたり。
by kukkaperhe
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31