1歳児の記憶・・・+
b0250067_15535649.png


週末のどようび*Kohariはpapaとお出かけ。
mamaはおうちでのんびりのんびり。ありがたい。


大寒のにちようび* 3人で緑地公園へ・・・
凧あげしたり遊具で遊んだり、走り回りわいわいと。
さむいのに子供たちってほんっとげんきげんき。
Kohariもたくさん遊んで歩いて走っておやつ食べて♪・・それからぐっすり。
寒い寒いとおうちに籠ってばかりぢゃいけないな、、、と反省;


さて、↑↑↑凄まじく逆光ですが、、、
ちゃんとポーズとってこっち向いてます(=ω=´)
年始にkukka実家のみんなで一緒に出かけたときの1枚。
海沿いの車一台がぎりぎり通れるくらいな細いうねうね山道を登りきると
海の見渡せる高台に岬の温泉がある。


実家からは車でも1時間半ほど。
どのくらい人里離れているかと言うと・・
春先には山から下りてきた鹿の親子に遭遇するくらい(笑


海を一望できるここの露天風呂で一緒になった
1歳のかわいい女の子とそのママ。
「1歳と1歳10ヶ月ぢゃこんなにも大きさが違うんですね。」とかそんな会話をしばし。
女の子はずぅっとにこにこ。Kohariはニコリともせず(汗;でも気になる存在。


翌日凧あげに行った実家の近所の広い公園。
なんだかずぅぅっとこっちを見てるちいさい子がいるなぁ。なんて思っていたらば
Kohariもまたじぃぃっと見つめながらおにぎりを頬張って・・・


しばらくそのふたりの様子を見ていて よぅやく頭の中のピントが合った。
そうだ!昨日の温泉の!
偶然にもそこでまたまた、その親子と再会した・・のです。
今度は女の子のパパも一緒。
向こうのママも思わず「やっぱり昨日の!」とびっくり ♪


よく旅先で観光してるとこぅゆぅのあったりしますよね。
心でつぶやく「あ!さっきの・・」みたいな。
同じ時間に別の同じ場所でまた。
それが海外とかだと何だか一気に親近感が湧く瞬間だったり。


親の私たちよりもずっと先に1歳児たちふたりは気付いてたことにもまたビックリ。
覚えてたんだね。ふたりとも♡
女の子はニコニコ。
そしてKohariはやっぱりニコリともせず。モーグモグ(・エ・´)じーろじろ


生まれてくる前のお空の世界でもおともだち*だったのかな?



* * *



先週、じぃじからの電話に
「じーじ。」「うん。」「うん。」「オイシカッタ。」と何やら会話らしきものを交わし
最後に「じぃじ イチゴ オクッテ。」とKohariさん。
うふふふ。


お正月にはみんなの名前を呼べど「じぃーじ」だけは
イヤ!とかたくなに呼ばなかったKohari。
こういう作戦だったのか,,,,,ツンデレKohari。


週末、野菜と一緒に美味しそうな大粒の苺がたっぷり詰まった
段ボール箱が我が家に届いたことは言うまでもないよね・ ・ ・(笑




[PR]
by kukkaperhe | 2013-01-21 17:31
<< 窓辺のmaribowlたちと... おひるねブランケットo >>


フィンランド語で     kukka=花 perhe=家族.家族3人 等身大な日々のものがたり。
by kukkaperhe
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30